福岡のクリニックで受けたハイフ治療でリフトアップ

ダウンタイムも少なく施術は1時間以内

福岡のクリニックでハイフ治療を受けましたダウンタイムも少なく施術は1時間以内現在はナチュラルメイクでも外に出られます

皮膚表面の乾燥が進み深層部分まで乾燥すると、バリア機能が低下します。
外部の刺激から肌を守るバリア機能が低下すると、炎症など様々な肌トラブルが発生しやすくなります。
コラーゲンは真皮の約7割を占め、肌の土台を作っています。
20代半ばにコラーゲンの分泌はピークを迎え、後は徐々に減っていきます。
顔の筋肉が衰えて弛緩すると、ほうれい線が目立つようになります。
たるみやシワを改善するには、肌の内部からコラーゲンを増やす必要があります。
従来の治療方法では医療レーザーや高周波を使った治療方法、光治療が広く知られています。
光フェイシャルは、コラーゲンを生産している真皮に直接働きかける施術方法です。
RFとも呼ばれる高周波は、高周波を当てて真皮にアプローチします。
ハイフ治療は、皮膚の下部にあるSMASと呼ばれる筋膜を引き上げられる治療です。
リフトアップ施術のひとつで、高密度の超音波エネルギーを使います。
皮下組織の緩みに対して筋膜からアプローチできるため、幅広い年代の女性が利用しています。
ダウンタイムも少なく施術は1時間以内に終わり、施術が終わったらメイクも可能です。